UpdraftPlus Backup の保存先を Google ドライブに設定する方法

UpdraftPlus Backup は、WordPress で構築したウェブサイトのデータベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイル、wp-content ディレクトリをバックアップして復元できるプラグインです。

バックアップの保存先は、様々なオンラインストレージや FTP に対応しています。この記事では UpdraftPlus Backup の保存先を Google ドライブに設定する手順を紹介します。

Step.1 設定メニューを表示

WordPress ダッシュボードの設定(1)から UpdraftPlus Backup(2)を選択します。

UpdraftPlus の設定メニューを開きます。

Step.1-2

Step.2 バックアップ保存先の選択

設定メニューの保存先で Google Drive を選択します。

Step.2-1

設定を保存するためにページ下部の「変更を保存」をクリックします。

Step.2-2

Step.3 Google アカウントの認証

リモートストレージの認証リンクが表示されます。「Follow this link to authorize access to your Google Drive account (you will not be able to backup to Google Drive without it).」をクリックして認証に進みます。

Step.3-1

リンクをクリックすると、Google アカウントのログイン画面が開きます。ログイン済みの場合はアカウントの選択画面が表示されます。

Step.3-2

Google アカウントにログインしてリクエストの「許可」をクリックします。

Step.3-3

リクエストを許可すると、設定完了画面が表示されます。Complete setup をクリックすると、UpdraftPlus Backup の設定メニューに遷移します。

Step.3-4

正常に認証が行われると「成功 : Google アカウントを認証しました」と表示されます。

Step.3-5

設定は以上です。

Step.4 バックアップの実行

バックアップを行う場合は、Backup / Restore メニューを開いて「今すぐバックアップ」をクリックします。

Step.4-1

バックアップメニューの必要項目にチェックを入れて「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。

Step.4-2

バックアップが完了すると、Backup / Restore メニューのバックアップ済みに表示され、復元、削除、ダウンロードが可能となります。

Step.4-3

バックアップメニューで「このバックアップをリモートストレージに送信」にチェックを入れると、バックアップデータは Google ドライブの UpdraftPlus フォルダにも保存されます。

Step.4-4

設定メニューにあるバックアップのスケジュールを設定すると、バックアップ作業を自動化することも可能です。

Step.4-5